_

日本水道協会JWWA試験結果

日本水道協会JWWAの試験方法に準じ試験する再生ろ材には、確かな品質があります。

私たちはお客様に安心して再生ろ材を提供できるよう、 日本水道協会JWWAの試験方法に準じ様々な角度から試験しております。 再生したろ材は新品同様であり、それ以上の耐久性を発揮。 また有害物質等の溶出基準もクリアした安全性を確保しております。

再生対象ろ材

アンスラサイト

アンスラサイト写真
除去対象物 再生の方法 有効径
icon 円形フルイを利用した
洗浄分級
1.0mm
用途 施設の処理能力
  • 工場排水の2次処理
  • 特にSS成分の多い排水の表層部充填
  • 工業用水ろ過
新品同様
3000L/h
洗浄分級装置:円形フルイ

新品×リサイクル品の比較

かさ比重
かさ比重グラフ
圧壊強度
圧壊強度グラフ
摩滅率
摩滅率グラフ

水中摩滅率
かさ比重グラフ
逆洗流速
逆洗流速グラフ

硅砂

硅砂写真
除去対象物 再生の方法 有効径
icon 円形フルイを利用した
洗浄分級
0.45mm~0.5mm
0.6mm
1.0mm
用途 施設の処理能力
  • 工場排水の2次処理
  • 工場は排水でのアンスラとの2層ろ過での使用
  • 工業用水ろ過
新品同様
3000L/h
洗浄分級装置:
円形フルイ

砂利

砂利写真
除去対象物 再生の方法 有効径
icon トロンメル・振動フルイを
利用した 洗浄分級
2~4mm
4~8mm
8~12mm
12~20mm
20~25mm
用途 施設の処理能力
  • 工場排水の2次処理
  • 活性炭、アンスラ、硅砂の支持材としての使用
新品同様
3000L/h
洗浄分級装置:
トロンメル・振動フルイ

新品×リサイクル品の比較(硅砂、砂利)

かさ比重
かさ比重グラフ
圧壊強度
圧壊強度グラフ

溶出試験結果(アンスラサイト、硅砂、砂利)
測定項目 測定成績(mg/L) 測定方法
アルキル水銀化合物 検出せず(< 0.0005) 環境庁告示第59号(昭和46年)付表-4の第1 ガスクロマトグラフ法
水銀又はその化合物 検出せず(< 0.0005) 環境庁告示第59号(昭和46年)付表-3 還元気化原子吸光法
カドミウム又はその化合物 検出せず(< 0.002) JIS K 0102 55.2 原子吸光法
鉛又はその化合物 検出せず(< 0.05) JIS K 0102 54.2 原子吸光法
有機りん化合物 検出せず(< 0.01) 環境庁告示第64号(昭和49年9月)付表-1 ガスクロマトグラフ法
六価クロム化合物 検出せず(< 0.05) JIS K 0102 65.2.1 吸光光度法
ひ素又はその化合物 検出せず(< 0.01) JIS K 0102 61.1 吸光光度法
シアン化合物 検出せず(< 0.01) JIS K 0102 38.1.2及び38.3 吸光光度法
ポリ塩化ビフェニール 検出せず(< 0.0005) 環境庁告示第59号(昭和46年12月)付表-5 ガスクロマトグラフ法
トリクロロエチレン 検出せず(< 0.05) JIS K 0125 5.5 ガスクロマトグラフ法
テトラクロロエチレン 検出せず(< 0.05) JIS K 0125 5.5 ガスクロマトグラフ法

①計量成績の( )内は検出限界②溶出操作:産業廃棄物に含まれる金属等の検定方法(昭和48年環境庁告示第13号)による